「田口淳之介・小嶺麗」まとめ

【テレビ】「アメリカ横断ウルトラクイズ」とは何だったのか クイズ王の夢に火がついた「かまぼこ板の早押し機」再び

芸スポ速報+

https://gei-supo.com/171702/

1 :2019/07/14(日) 07:16:57.76 ID:H8FtV8Ln9.net

クイズ王になりたかった。小学生の頃、日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」を夢中で見ていた。ジャンケンに、マラソンクイズ……。
知力、体力、時の運、すべてがそろわないと勝ち抜けないところが好きだった。年1回、ほぼ1ヶ月間の楽しみ。放送のある木曜日が待ち遠しかった
6月下旬、あるツイートが目にとまった。「全国総合クイズ大会」が開かれるという。「これはかなり本気のやつですよ」。
「やっぱり出てみたい」。妻とも相談し、同僚とともに出ることにした。あの頃、多くの子どもたちをとりこにした「ウルトラ」とは何だったのか。再び手にした問題集とともに振り返る。

【画像】IQ上位2%の人だけ入会可、高知能集団「MENSA」で課されるクイズ

かまぼこ板で練習した日々
忘れられないのは1989年の第13回大会。決勝戦はニューヨークで、10ポイント先取の早押しクイズだった。問題文が読み始められてすぐに「ピーン」と音がなり、正解を連発していく。
クイズ王になった当時大学生の長戸勇人さんにあこがれた。

長戸さんの本に書いてある通り、かまぼこ板にホームセンターで買ったスイッチをボンドでくっつけ、暇があれば押しまくった。最も速い押し方を追求するためだ。
科学館にある反応のスピードを実験するコーナーで反射神経を試した。友達とバラマキクイズもした。実家の2階の窓から地面に向かって自作問題を折りたたんで投げ、拾って部屋まで戻ってきて解答する。もちろん「ハズレ」も入れて。
心をわしづかみにした「ウルトラ」
「史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ」は、1977年から90年代(92年終了、98年に1度だけ復活)にかけて放送された視聴者参加の大型クイズ番組だ。

アメリカ大陸の各チェックポイントで、○か×かを決めてボードに頭から飛び込む「ドロンコクイズ」、ヘリから落とされた問題を探して大平原を走り回る「バラマキクイズ」、
真夜中に起こされて始まる「奇襲クイズ」など、様々なクイズに挑みながら決勝のニューヨークをめざす。

クイズ番組の枠におさまりきらない、ドキュメンタリーだったことも人気の理由だった。

司会のトメさんこと福留功男さんが、参加者の性格や家族、職業など、キャラクターをあぶり出す。
「常務すみません!」。
大声をあげて解答権を得るクイズで、会社を休んで旅する参加者が絶叫する。自然に感情移入し、「大人になったらウルトラに出て、トメさんにあだ名をつけてもらいたい」と思った。

長旅の中で友情が芽生える。だが、敗れると日本に帰らなければならない。クイズが終わって別れの時、敗者の顔をカメラがとらえる。
ライバルに屈した悔しさ、あふれる涙、勝ち抜いた仲間たちの複雑な表情……。それらがすべて映っていた。

長戸さんがクイズ王になった第13回のボルティモアで行われた準決勝には心が震えた。3ポイント取ると通過席に行くことができる早押しクイズ。
ここで正解できれば決勝へ。ほかの誰かが正解するか、誤答なら0ポイントになって自席へ戻る。

4人の死闘が続く。決着がつかず、用意していた問題がなくなる。
いったん休憩を取って、その間にスタッフが問題を作って何とか決勝進出の2人が決まったという。クイズ史上最高の闘いともいわれている。

https://news.livedoor.com/article/detail/16771236/
2019年7月14日 7時0分 withnews

https://www.youtube.com/watch?v=O1DDzapnqms
アメリカ横断ウルトラクイズBGM集

https://www.youtube.com/watch?v=s_rDu-G0WY4
TRANS AMERICA ULTRA QUIZ BGM

https://www.youtube.com/watch?v=BxqGSXu70Gw
アメリカ横断ウルトラクイズ勝ち抜け音

https://prtimes.jp/i/8885/33/resize/d8885-33-941022-1.jpg
http://img-cdn.jg.jugem.jp/6a2/96747/20160416_1616259.jpg

927 :2019/07/14(日) 13:40:25.77 ID:Xx87jYkd0.net

長戸が勝って立命クイ研3連覇だったから、ウルトラがごく狭い世界の物になってしまったようなイメージをトメが抱いたのかもしれんな。
トメ降板の遠因はクイ研というより立命かも。

940 :2019/07/14(日) 13:47:38.81 ID:wGoBmrqf0.net

132 :2019/07/14(日) 08:01:44.20 ID:76E2XwwM0.net

誰でも気軽にNYへ行けるようになっちゃったからなあ

601 :2019/07/14(日) 10:22:53.52 ID:Gw2Poosh0.net

65 :2019/07/14(日) 07:46:37.66 ID:gkcHCkjp0.net

冬虫夏草!

32 :2019/07/14(日) 07:34:16.22 ID:xSC7tEuS0.net

ハワイだったっけ?あそこまで来て上陸できず帰国する人達が
一番気の毒で面白いかった

529 :2019/07/14(日) 10:02:30.29 ID:l/C5w+rG0.net

楽しんでたわぁ
今の感覚だとわからないかもしれないが当時だとアメリカはまだまだ夢の国だったのよ
内容もクイズは前提としてあったけどそれだけじゃないからクイズマニアじゃなくてもアメリカの土を踏むくらいなら割と行けてた
あれがただのガチクイズだったら見てても面白くないし参加者もどうせ無理って思って盛り上がらなかっただろう
これに憧れて高校生クイズに応募したらトントン拍子で勝ち上がっちゃって全国行っちゃってテレビ出たのもいい思い出

>>32
それでもあの頃はハワイ行ったぞ!ってだけで自慢出来る時代だったからな

291 :2019/07/14(日) 09:02:58.96 ID:nO2zHFx10.net

ただの雑学知識自慢が結局強いことが多いのがいまいちだったな
高校生クイズも似たようなもんだけど

300 :2019/07/14(日) 09:05:54.39 ID:Tu1t9AbF0.net

308 :2019/07/14(日) 09:07:51.16 ID:nO2zHFx10.net

393 :2019/07/14(日) 09:33:34.41 ID:MDt/4+hj0.net

46 :2019/07/14(日) 07:39:08.95 ID:9CrUcR7i0.net

つぎはアフリカ縦断ウルトラクイズ
企画中。

504 :2019/07/14(日) 09:56:29.09 ID:TOXrWLZf0.net

151 :2019/07/14(日) 08:10:02.58 ID:7DtaP8bz0.net

11回以降は14回を除いて優勝者が全員大学のクイズ研になってしまったんだよな

216 :2019/07/14(日) 08:36:28.50 ID:htz7wx/A0.net

853 :2019/07/14(日) 12:45:05.22 ID:IWiOoPBM0.net

ハワイの土地踏めずに強制送還とか
ある意味サド福留が培われたのがあの番組だったのかも

542 :2019/07/14(日) 10:06:14.03 ID:LFxaPtzT0.net

第13回準決勝の通せんぼクイズはいま観てもゾクゾクする名勝負

548 :2019/07/14(日) 10:08:33.75 ID:rWLGGqoJ0.net

597 :2019/07/14(日) 10:21:48.67 ID:wFGt37aw0.net

651 :2019/07/14(日) 10:42:46.54 ID:6/okX92x0.net

水曜スペシャル史上最大アメリカ横断ウルトラクイズ敗者復活戦!