「田口淳之介・小嶺麗」まとめ

【芸能】<ピエール瀧問題> なんでも“ドラマ・映画の放送、CD発売の自粛”は再考すべき…被害者のいない犯罪、推定無罪の法則

芸スポ速報+

https://gei-supo.com/95831/

1 :2019/05/11(土) 15:59:30.12 ID:RrKhnSDD9.net

◆ ピエール瀧問題、なんでも“販売自粛”は再考すべき…被害者のいない犯罪、推定無罪の法則

2019年3月に覚醒剤取締法違反で逮捕されたピエール瀧被告の関わった作品の放映や出荷の自粛をめぐり、この2カ月間、日本中で論争が繰り広げられた。
周知の通り、所属レコード会社のソニー・ミュージックレーベルズは、3月12日の逮捕直後の3月13日、瀧被告(当時は容疑者)の所属するテクノユニット・電気グルーヴのCDや楽曲の配信・出荷の停止および回収を決定。

一方で東映は、瀧被告の出演する映画『麻雀放浪記2020』のノーカット上映を決めた。
東映の多田憲之社長は記者会見で、「映画はテレビ番組やCMと違ってクローズドメディアである」と述べ、観るか観ないかの選択が観賞者に委ねられていることを上映の理由に挙げた。
同作はその後、4月5日に公開を迎えている。

自粛すべきか否か。
自主回収は、「コンプライアンス上の理由」という建前のもとに行われた、上場企業であるがゆえの“ことなかれ主義”、という受け止め方もできるかもしれない。
その一方で、「作品には罪がない」という自粛反対派の抗弁も、それはそれで少々情緒的にすぎるようにも思われる。

そもそも、この種の問題については、公式の(あるいは共通の)ガイドライン等が業界団体等によって設けられているわけではない。
各社の判断が一貫性を欠き、ケースバイケースの対応となってしまうのは、やむを得ない側面もあるだろう。
 
そんななか、「日本エンターテイナーライツ協会」なる団体がさる3月18日、「芸能人の不祥事等によるドラマ・映画等の放送、CD等発売の自粛について」という声明を出し、話題となった。
声明文は「私たちは、テレビ、映画、音楽等のエンターテインメントに関わる各関係者に対して、ドラマ・映画の放送・上映自粛、及びCDの発売自粛について、冷静かつ慎重な対応をすることを求めます」と、安易な“自粛”に対して警鐘を鳴らし、注目を集めている。
弁護士たちが芸能人の権利を守る目的で創立したこの「日本エンターテイナーライツ協会」の共同代表理事である河西邦剛弁護士に、今回の声明の真意を聞いた。

■薬物使用に“被害者”はいるのか

――日本エンターテイナーライツ協会は、芸能人が不祥事等を起こしても、有罪判決を受けるまでは無罪として扱うという「推定無罪の原則」を論拠として、「過度な自粛について、冷静かつ慎重な対応をすることを求めます」という声明を出しました。その真意はどこにあるのでしょうか?

河西邦剛弁護士(以下、河西弁護士) 日本では、出演者が逮捕されると、その出演作品の放送を即時に“自粛”する傾向があります。

しかし、著作権やその他の権利関係などの視点から眺めた場合、法的には、制作委員会やテレビ局が放映・放送することは可能です。
つまり、「放映・放送する、しない」というのは、あくまで関係各社それぞれの自主的な判断で下されているに過ぎないわけです。

にもかかわらず昨今の日本では、“逮捕=自粛”という対応が半ば常識化してしまっています。
われわれ日本エンターテイナーライツ協会としては、法と芸能人の権利を尊重する立場から、そのように一律に判断するのではなく、個別・具体的に判断してよいのではないかと考え、あの声明を出したわけです。

では、どのような観点から「個別・具体的に判断」すればよいのか。
まず挙げられるのが、「被害者のいる犯罪かどうか」という視点です。
出演者が被害者のいる罪を犯したときには、自粛を判断する際に当然、被害者の感情を考慮しなければならない。
被害者が、事件後も変わらずテレビ番組や映画などに出ている加害者を目にすれば、「なんら社会的な制裁を受けていないではないか」と持つ不満を抱くことは当然あり得るでしょう。

被害者のいる犯罪として、特に非難の対象となりやすい犯罪といえば、性犯罪や交通事故などが代表的でしょう。
ところが、ピエール瀧容疑者の場合はどうか? 
覚醒剤取締法違反という犯罪においても、もちろん間接的には多くの人に迷惑をかけているわけで、広義の被害者は存在するでしょう。

しかし、その犯罪そのものにおける直接的な被害者というのは、先に挙げた性犯罪や交通事故などとの比較でいえば、ないと考えてよいのではないか。
もちろん、直接的な被害者が発生していないから軽微な犯罪だ、というわけではない。

※続きは下記のソースでご覧ください

zakzak 2019.05.10
https://biz-journal.jp/2019/05/post_27863.html

348 :2019/05/11(土) 21:48:11.50 ID:ZAvQDNSg0.net

今度アラジンの実写版やるから吹き替えは羽賀研二でやろうって運動もしろよな

349 :2019/05/11(土) 21:48:45.64 ID:WEahHyZG0.net

39 :2019/05/11(土) 16:22:18.69 ID:im3gjuTV0.net

高畑は逮捕されたけど不起訴、新井浩文は逮捕されたけど起訴はまだ、小出は逮捕すらされてない。

なんでこいつらのときに「推定無罪」で擁護しなかったのかね。

339 :2019/05/11(土) 21:29:28.61 ID:g7X/OhfQ0.net

cmやドラマは自粛させておいて情報バラエティで独占だからな
完全にマスコミの都合

162 :2019/05/11(土) 17:03:34.57 ID:AwEzLLpP0.net

AAAは示談成立してないのに活動自粛するどころかライブやってんでしょ

308 :2019/05/11(土) 19:40:11.36 ID:iISu1xVT0.net

aaaなんて悪質な傷害なのに回収なんて話題にもならずツアーも予定どうり。本人も謹慎のみ。やっぱりヤバめの事務所は違うね

91 :2019/05/11(土) 16:45:27.78 ID:XRef8XML0.net

覚せい剤をやっていた経産省の役人も擁護してやれよw

56 :2019/05/11(土) 16:33:42.61 ID:XuJ7ASqa0.net

舞台やら生放送なら出演がキャンセルになる
それと同じこと
音楽やら映画やらドラマのようなものなら流通を停止
生はだめだけど録画したものならいいっていうのもおかしな話だろ?

500 :2019/05/14(火) 00:14:07.11 ID:p2yAJL1e0.net

ジャンキー(Junkie/Junky)という概念と混用されることがしばしばであるが、
このジャンキーという言葉はそもそもヘロイン=Junkの中毒者を指すスラングであり、
英語圏で覚醒剤(Stimulant) の中毒者をジャンキーと呼ぶことはない。
(例えばメタンフェタミンの中毒者はMeth addictメスアディクトと呼ぶし。)
まして大麻吸いやLSD愛好家をジャンキーなんて呼んだりしたら、ハアー???て感じ

86 :2019/05/11(土) 16:44:33.53 ID:NEHKEjQZ0.net

麻薬が被害者がいない犯罪?
ピエール瀧が知り合いヤク渡して中毒にさせてても被害者はいないのか?

89 :2019/05/11(土) 16:45:22.24 ID:wkZLXF2O0.net

95 :2019/05/11(土) 16:46:54.76 ID:NEHKEjQZ0.net

96 :2019/05/11(土) 16:47:29.44 ID:wkZLXF2O0.net

106 :2019/05/11(土) 16:49:43.04 ID:NEHKEjQZ0.net

109 :2019/05/11(土) 16:50:31.21 ID:wkZLXF2O0.net

116 :2019/05/11(土) 16:51:20.29 ID:NEHKEjQZ0.net

263 :2019/05/11(土) 17:58:50.30 ID:2VXVogSJ0.net

犯罪者を産む犯罪

150 :2019/05/11(土) 17:00:14.38 ID:sOAlpx7H0.net

そんなやつらに楽に金儲けさせてたまるかよ
人気商売ってのはそういうこと
犯罪がバレたらもう成り立たない商売だってこと

328 :2019/05/11(土) 21:03:03.72 ID:BWXfScwl0.net

>>推定無罪の法則
本人が長年の薬物使用を認めてんのに無理やりすぎね?

334 :2019/05/11(土) 21:19:44.84 ID:FBYpUS0v0.net